2017/09
 123456789101112131415161718192021222324252627282930 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

理想のOB像とは…

OBのあり方ってどんなだろう?

方々で総会・納会の日記を読んで、ふとそんなことを考えました。



学校に残った同期が多かったせいか

何かとかまってくれる後輩に恵まれたせいか

単にバドミントンが好きなのか



去年追われた身でありながら、今年も半分ほどサークルにお邪魔させてもらいました。


現役だった去年とOBになった今年とで一番変わったもの

それは責任感


仕切りの代、サポートの代を終え、肩の荷が降りた状態で参加していた去年

それでも、現役最年長として、不測の事態において最終的に責任をとるのは自分達だという自覚と責任感は持っていました。


OBになった今年はそれが無い


責任感が無くなって、気楽に参加できたと言えば良い変化のように聞こえるかもしれないけど、むしろ逆

今思えば、4年生の時には、責任感を持つことでサークルを形成する中の一人である事を実感できていたんだと思う。

更に言えば、その実感こそがサークルを十二分に楽しむために必要不可欠な要素だったんだろう




責任感が無くなったことで
今度はOBになったんだということを実感しました。

エリオットは我々の手を離れて次代に渡ったんだということも…



練習の時にそれを感じる度に、少し寂しい半面、先輩から受け継いだものを(多少の変化はあれ)無事(?)後輩に渡せてホッとしてる自分がいることに気がつきました。

ついでにちょっと老け込んだ自分にも…(笑)



そんなことを思っているうちに、今年のエリオットは大盛況

「4面じゃ打てない」とか「人数が多すぎて大変」なんていう悲鳴まで聞こえてくるほど

いやホント、現役じゃないのが残念で残念で(涙)




我々はもうOBなりの楽しみ方しかできないですからね。

現役の時みたいな楽しみ方は多分もうできないんだろうな。



まぁ、残念がってもどうしようもないし

自分の理想のOB像を目指して、OBなりの楽しみ方ってやつを追及してみようと思う。



上でも少し触れたように

今年は人数が多いから、仕切りの代は大変だろうけど、自分等がサークルを形成する中心にいる実感をもって、残り半年を楽しみながら頑張ってください。

どんな失態があったって、外に迷惑さえかけなければいいんだから、色々新しいことにチャレンジしてみるのもいいと思います。





前に書いたことのくり返しになってしまうけど

自分がサークルを回してることを実感することが、サークルを十二分に楽しむためには必要なんだろうと思う。

好きなときに顔を出して、勝手に楽しんで帰っていく人(今の我々とか)と、大変な苦労をしながらサークルを運営する人達と、どっちが本当の意味でサークルを楽しめるのかと言われれば、俺は断然後者だと思う(というか実際そう感じる)。


今現在大変な人にはそんな実感はないだろうけど

そういう人達にも、いずれこの意味がわかるといいな




あ、2年生とかほとんど見てねぇか…(汗)

まぁいいや、自己満足自己満足







最近ちゃらんぽらんな日記ばかり書いているので

たまには真面目な話を書いてみました。




さて、輪講に戻りますか…
スポンサーサイト

« とりあえず… | ホーム |  マヨネーゼなんて知らねーぜ »

コメント

この記事へのコメント

コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL

http://taknita.blog31.fc2.com/tb.php/540-076f5507

この記事へのトラックバック

 | ホーム | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。